犬のおしっこは植物を枯らす??おしっこが植物に与える影響まとめ


いわゆる立ちションや、犬のするおしっこが植物にかかった場合どうなるのか。
意外と知らない、おしっこが植物に与える影響についてまとめました。

スポンサーリンク

おしっこは植物に良い??悪い??


結論から言うとおしっこが植物にかかると“悪い”影響を与えます。
同じ場所におしっこをかけ続けると、その場所だけ植物が枯れてしまうなんてことにも。

おしっこと言えば、植物にとっては“栄養満点の水”と思っている方もいるのではないでしょうか。
実際、日本では人間の糞尿を肥溜めと言われる場所に集めて畑の肥料にしていた歴史がありますし、現在でも畑では動物の糞などが肥料として使われています。
「じゃあおしっこも肥料になるんじゃないか」と思うことも不思議ではありません。

しかし、残念ながらおしっこは植物には悪影響を与えてしまうものなのです。
ではおしっこはなぜ植物に悪影響なのか、原因を見ていきましょう。

余談
おしっこは長い期間発酵させたり、特別な処理をすれば肥料としても使えるようです。
日本の歴史で出てくる肥溜めは自然にそういったことをできていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

おしっこが植物に悪影響を与える原因


一般的に、おしっこが植物に悪影響を与える原因は

  1. おしっこが酸性なこと
  2. おしっこに塩分が含まれること

この2点だと言われています。
それぞれの原因について考察していきます。

原因その1:酸性のおしっこ


まず1点目のおしっこが酸性なことについてです。
犬のおしっこも人間のおしっこも通常は弱い酸性の性質を示します。

酸性で植物に害があると言われて思いつくのは“酸性雨”ですよね。
一般的には酸性雨は植物に良くないという認識です。

おしっこも弱い酸性とはいえ、かけ続けることによって植物は弱ってしまうのかもしれませんね。

ただ、国立環境研究所のページにはこんなことが書いていあります。
“一般に,植物に低いpHの水をかけてもpHが3以上では葉面に可視傷害は現れてこない。”
これは要するに、そこそこ強い酸性の液体をかけても植物には影響がなかったということです。

phとは、液体が酸性かアルカリ性かを見るための数値の様なもので、通常は0から14までの数字で表されることが多いです。
7が中性を表し、7より低い数字が酸性、7より高い数字がアルカリ性を表します。
数字が7よりどれだけ高いか低いかで、性質の強さも表されます。

“犬のおしっこはph6.5前後、人間のおしっこはph6.0前後が平均”と言われています。

しかし、国立環境研究所のページにはphが低い(=酸性)雨が降っただけで森林が枯れるとは考えにくいとの考察が載っています。
なので一概におしっこが酸性だから植物が枯れるとは言い切れないのかもしれませんね。
もちろん、悪影響が全くないとも言えませんが。

原因その2:おしっこの塩分


2点目はおしっこに含まれる塩分についてです。
1点目に説明したおしっこが酸性ということよりも、“おしっこが塩分を含んでいる”ということの方が、植物が枯れる原因の比重としては大きいかもしれません。

基本的に、犬や人間のおしっこには微量なれども塩分が含まれています。
そのおしっこに含まれている塩分によって、植物が“塩害”で枯れる可能性があります。

植物にとって塩分とは毒になり得るものです。(一部の塩分に耐性のある植物を除いて)
塩には強力な除草作用があることでも知られていますね。

植物は塩水を与えられると脱水症状を起こしてしまうことがあります。
当たり前ですが、脱水症状を起こしてしまえば植物は枯れてしまいます。

また、塩は水に溶けることによって、塩素イオンと“ナトリウムイオン”に分かれるのですが、ナトリウムイオンが植物にとっては毒になってしまうことがあるようです。

更には、塩は土に分解されることがなく、雨などで流されない限り土中に残り続けるそうです。

なので、犬や人間のおしっこに含まれる微量な塩分でも、同じところに何回も蓄積されていくと植物が枯れる原因になってしまうんですね。

スポンサーリンク

まとめ・感想

犬でも人間でもおしっこを植物にかけるということは、植物にダメージを与えることにつながります。
立ちションはもっての外ですが、犬の散歩をするときにもマナーには気をつけた方がいいですね。
犬を飼っている方も飼っていない方も双方が仲良くできるように、自治体で決められているルールやマナーを守りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました