iPhoneのカメラ横にある謎の穴の役割って何??


iPhoneについて疑問に思ったことを調べてみました。
今回はカメラの横にある謎の穴の正体について迫ります。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラ横の謎の穴

iPhoneをお使いの方なら少しは疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。
iPhoneの“カメラのレンズとライトの間にある穴”のことを。


爪楊枝の先が入るぐらいの大きさで、リセットボタンを彷彿とさせますよね。

多くの方は何だろうこれ??と疑問に思っても調べないのでは。
むしろあんな穴に機能なんてあるのか??と思ってしまいますよね。

しかし、そこはiPhone。
無駄な機能はつけておりません。
“謎の穴”にもしっかり役割があったんです。

スポンサーリンク

ノイズキャンセリング機能

意外と知らない方が多いのではないでしょうか。
実はiPhoneには“ノイズキャンセリング機能”が付いています。
少なくとも私は知りませんでした。(笑)

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」と順に進み、聴覚サポート欄があるので、そこの「電話ノイズキャンセリング」をON・OFFにすることで設定できます。


設定アプリを選択


一般を選択


アクセシビリティを選択


聴覚サポート欄があるので、電話ノイズキャンセリングのON・OFFを選択(この場合はONになっています。)

以上が電話ノイズキャンセリングの設定方法ですが、おそらく通常は最初からONになっています。
私のiPhoneもONになっていました。

ノイズキャンセリング機能があるおかげでiPhoneは電話で雑音を減らすことができるんですね。
ちなみにこの機能はiPhoneに元から入っている電話アプリでしか動作しません。
LINEなど、他のアプリを通した電話ではダメということですね。

iPhoneのノイズキャンセリング機能に触れたところで、本題に入りましょう。

カメラ横の謎の穴の正体

なぜノイズキャンセリング機能について説明したかというと、謎の穴の正体がノイズキャンセリング機能と密接に関わっているからです。

答えを言ってしまうと、謎の穴の正体は”ノイズキャンセリング機能用のマイク”だったのです。

実はiPhoneには“いくつか小型マイク”が内蔵されています。
それらの小型マイクで集音し、“雑音成分を打ち消すような音波を内蔵の小型スピーカーから発する”というのがノイズキャンセリング機能なのです。
いくつかの小型マイクの一つがあの謎の穴だったということですね。

私は謎の穴の役割を知った時、思わず「へぇ~」と一人で言ってしまいました。
ノイズキャンセリング機能自体も知りませんでしたが、あの謎の穴にそんな機能があったなんて、、、。

電話なんてほぼしないので私にとっては意味ないんですがね、、、。

スポンサーリンク

感想

さすがはiPhone、無駄な穴なんてなかった!!ってことですね。
私はデジヴァイス世代なのでどうしてもあのサイズ感の穴があるとリセットボタンに見えてしまいます。
iPhoneにデジヴァイス機能がつけばいいのになぁ、、、。

コメント

タイトルとURLをコピーしました